どうしてベジタリアンがいるのが、曖昧にしかわかっていませんでした

40代主婦ですが、長年、便秘体質です。今もその<状態>が改善されているとは言い難いのですが、以前の「お腹が張って食欲もなく元気もない」という<困った症状>については改善されていおり、やっぱり野菜の力は絶大なのだと実感をもってようやく理解しました。きっかけは、青汁です。今はもうなくなってしまったのですが、暫くレッスンで通っていた町に、青汁を提供しているスタンドがありました。青汁を飲んだ日は、身体が軽くなる気がしていました。意識がハッキリするというか、血の巡りがよくなるというか。それでそのスタンドには週に一度しか行けないので、食生活を見直して野菜をとにかく多く摂るよう努めたところ、お腹ポッコリが減って身体が締まり、元気に動き回れる体調の良い状態が<常>となりました。何らかの理由でお肉類と野菜の比率が変わるとまた逆戻り、お腹ポッコリ・体調不良になります。お肉を食べて尚且つ野菜不足の時は、汗をかいたときに油っぽいということにも気付きました。特に頭皮です。野菜メインの日(翌日)はそんなことにはならないので、身体ってあまりにもわかりやすく反応するものなのですね。

それでもお肉を食べたい時だってお付き合いで焼肉など行くことだったあるので、そんな時はどうしても<野菜をお肉以上に食べる>には限界があるので、青汁系のもので補います。でも、基本は日頃の食生活です。便秘体質は相変わらずですが、野菜を意識して多く摂るというだけで体調がすこぶる良いので、期間が開くのは自分のリズムなのかもしれないと思って気にせず、お肉も食べるけど野菜中心生活です。野菜不足は即不調に繋がるので、世の中の皆さんもそうかもしれません。私の場合、日頃の食生活で野菜を多く摂る秘訣は、とにかく汁物にしてしまうことです。要は、何でもスープや鍋物、シチューやカレーなどに入れてしまうという感じで簡単です。

 

ふるさと青汁は買ってはいけない?